超高齢者社会が進行する現在、白内障は目の病気の中でも珍しくないものの一つとなりました。
若年者にとっても、これから決して無縁とは言えません。
白内障とはどんな病気なのか、治療法があるのか、詳しく解説していきます。

白内障ってどんな病気?

白内障とは、目の水晶体という部分が白く濁ってしまう病気です。
水晶体は、カメラの凸レンズのようになっており、通常は透明な組織です。
それが白く濁っていると、外からの光を集めてピントを合わせるはたらきがうまくできなくなってしまうのです。
代表的な症状として、
・ものがかすんで見える
・ぼやける
・光がまぶしく感じる
・遠くがみえにくい
・ものがだぶって見える
・暗いときと明るいときで見え方が違うなどがあります。

進行している場合は、瞳の中心の黒い部分が白っぽく見えたり、眼鏡でも矯正できなくなるほど視力も低下してきます。

原因は加齢の場合がほとんど

水晶体は主にタンパク質と水からできています。
タンパク質は加齢によってだんだんと白く濁ってきます。
なかには黄色や茶色っぽくなる場合もあります。
個人差はありますが早いと40歳代から始まり、高齢になるほど多く発症します。
この、加齢による白内障を老人性白内障(加齢性白内障)と呼びます。
白内障のうち7割以上を占めています。
ほかにも、アトピー性皮膚炎や糖尿病に合併する白内障、先天性の白内障、外傷性の白内障、薬剤や放射線による白内障があります。

治療方法は?

・薬剤による治療
仕事や生活に支障が出ない程度の初期の場合は、点眼薬で進行を遅らせることができます。
ただし、白く濁った水晶体をもとに戻すことはできません。
あくまで進行を抑えるだけです。

・手術による治療
白内障の症状が進んで、日常生活に支障が出てきた場合には、外科手術を行います。
濁った水晶体を超音波で砕いて取り出し(超音波乳化吸引術)、人工水晶体である眼内レンズを入れる(眼内レンズ挿入術)という方法です。
さらに進行している場合には、水晶体の核を丸ごと取り出す方法(水晶体嚢外摘出術)が選択されることもあります。
手術は痛みに応じた適切な局所麻酔が選択され、顕微鏡を使って行われます。
手術中の痛みはほとんどなく、手術時間も短いので、患者の負担が軽く済みます。
白内障の手術は、多くの場合は安心して受けることができ、手術を受ければ視力の回復が期待できます。
ただ、眼内レンズは人工のものなので、ピントを合わせる機能がありません。
したがって手術後は眼鏡などによる視力の矯正が必要な場合があります。
医療技術は年々進歩していますが、白内障の手術は眼球の内部へ行う繊細で緻密な技術が必要とされます。
なかには手術の合併症によって重い視力障害になる場合もあるので、眼科医とよく相談して納得した上で手術を受けるかどうか決めてください。

・術後の経過
手術直後は、眼がゴロゴロしたり、涙が出たりしますが、数週間で徐々に安定してきます。
術後に色が青みがかって見えたり、見え方に違和感がある、まぶしさを感じることなどありますが、多くは次第に慣れて感じなくなります。
手術前に眼鏡を利用していた場合は、術後に合わなくなる可能性があるので、視力が安定してきてから眼鏡の度数を調整します。
いずれにせよ、術後は炎症を抑えたり、感染を防ぐため。
定期的に診察を受ける必要があります。

目がかすんできたなあと感じたり、視力が落ちてきた場合には、お近くの眼科を受診してみることをおすすめします。

ムダ毛処理 美肌

スポンサーリンク