夏真っ盛り!連日ビアガーデンに通っているなんて方も多いのではないでしょうか?
しかし二日酔いになってしまっては、楽しいお酒も台無し。
翌日の仕事にも差し障ります。
そこで、二日酔いにならないために、そしてなってしまった場合の解消方法をご紹介します。

飲む前にやっておくこと

お酒を飲む前の、ちょっとした工夫が二日酔いを避けられます。

・肝臓を助ける薬、ドリンクを飲む
大量のアルコールを分解するため、肝臓には相当な負担がかかります。
肝臓の分解能力を助ける働きのある薬やドリンクを事前に飲んでおくことで二日酔いを防ぎます。
下記のような錠剤やドリンクがあります。
ハイチオールC(エスエス製薬)、リバヘルスゴールド(ゼファーマ)、新へパリーゼプラス(ゼリア新薬)、新黒丸(第一三共ヘルスケア)ウコンの力(ハウス食品)

・胃の粘膜を保護する食べ物を摂取する
牛乳、チーズなどの乳製品は、胃の粘膜を保護してくれるので、摂取しておくと二日酔いを防ぎます。
特に牛乳は、タンパク質と水分の両方が含まれているので肝機能の高めてくれます。

・お腹に何か入れておく
飲み物は胃に直接吸収されます。そのため、胃が空っぽの状態だと、アルコールの吸収が早くなり、肝臓によるアルコールの分解が追いつけません。
お酒を飲む前に軽めの食事をとっておくことで、アルコールの急激な吸収を防いだり、胃の表面を刺激することを防ぎます。

悪酔いしない方法

お酒を飲む際の注意点です。

・お酒の種類に気を付ける
ビール、ワイン、日本酒などの醸造酒には、うま味成分であるアミノ酸類や糖類が多く含まれています。
それは同時に二日酔いの原因となるので、ウイスキーや焼酎などの蒸留酒を選んだほうがいいのです。
ただし、色が濃いお酒には二日酔いの症状を悪化させる「コジンナー」という不純物が多く含まれています。
したがってホワイトラム、ジン、ウォッカなどの透明なお酒のほうが二日酔いになりにくいです。
お酒をチャンポンした場合にも、それぞれのお酒に含まれる種類の違ったコジンナーが同時に作用し、強烈な二日酔いの原因になるので避けたほうがいいでしょう。
また、炭酸水には、血液へのアルコール吸収を早める作用があるので酔いがまわりやすいくなります
お酒を炭酸水で割る場合には気を付けましょう。

・水を飲む
お酒を飲むとトイレが近くなり、大量の水分を排出することがあります。
水分と一緒に塩分やカリウムなどの物質も排出されてしまうため、脱水症状を起こす恐れもあります。
そうならないために、お酒を飲むときには「水」を一緒に飲むようにしましょう。1杯のお酒に対して1杯の水が理想です。

・つまみを一緒にとる
お酒を単独で取るのはやめましょう。食事を取りながら、が基本です。
胃に溜まる「脂質やタンパク質」を含んだ食べ物がいいでしょう。
揚げ物などをつまみながら、常に胃の中に食べ物がある状態を作っておきます。
「トマト」を摂取すると血中アルコール濃度が下がることがわかってきました。
「冷やしトマト」や、「トマトジュース」などを一緒に頼みましょう。

それでも「二日酔い」になってしまったら

以下のことを試してみましょう。

・水分補給
二日酔いになった場合、すでに脱水症状を起こしているかもしれません。まずは水分を取ることが必要です。
スポーツドリンクは、水よりも効果的に水分を補給できます。
水分とともに失われたナトリウム、カリウム、糖分など栄養分も摂取でき、二日酔いにはぴったりの飲み物です。
特にアクエリアスが二日酔いに適しています。

・汗をかく
汗をかいて代謝を良くすることで、血中アルコールを分解する速度を早めます。
心臓に負担がかからない程度の軽い運動や、お風呂に入るのがいいでしょう。
ただし水分補給をたっぷりとした後に行ってください。

・二日酔いに効く食べ物を取る
以下が、アルコールの分解を促進してくれる効果のある食べ物です。
はちみつ、チーズ、梅干し、卵、アロエ、チョコレート、カレー、しじみの味噌汁、大根おろし、お茶(カフェイン)、納豆、マイタケ、フルーツやフルーツジュース(グレープフルーツ、オレンジ、柿、バナナ、マンゴー)
食事をしっかり取り、アルコールだらけの胃の中を洗い流すことも大事です。
市販の二日酔い用ドリンク剤は、ノ・ミカタ(味の素)がおすすめです。

実は二日酔いにならない一番の方法は、お酒の量を控えることです。
適度なお酒は、百薬の長にもなります。
量に気を付けて楽しく飲みましょう。

女性 ムダ毛 処理

スポンサーリンク