日本人の約7割が歯肉に何かしらの異常があり、中高年では歯周病の割合が8割に上るというデータがあります。
以前は、歯周病は一度かかったら治らないともいわれてきたようですが、今では原因や予防法が明らかになってきました。
さらに全身への疾患との関わりもわかってきました。
ただ恐れるだけではなく、原因や治療法もきちんと理解しましょう。

原因は?

口の中にはなんと、300~500種類もの細菌が住みついています。
しかし普段は悪さをしないので心配いりませんが、歯磨きが十分でなかったり、砂糖をとりすぎると、細菌が粘着性のある物質を作り出し、歯の表面にこびりつきます。
これを歯垢(プラーク)と言い、口をゆすぐ程度では落ちません。
この歯垢1mgの中には10億個の細菌がいて、虫歯や歯周病を誘発します。
歯垢は除去しないとやがて歯石に変化し、歯の表面にがんこに付着し、ブラッシングでも落ちません。
この歯石の中などにさらに細菌が入り、毒素を出し続け、歯周病を進行させます。
やがて歯肉のふちが炎症を起こして赤くなったり腫れたりします
悪化すると歯と歯肉の境目(歯周ポケット)が深くなり、歯を支えている骨を溶かしていきます。結果的に歯を失うことになってしまいます。

また、不規則な食習慣、喫煙、ストレス、糖尿病などの全身疾患が歯周病を進行させる因子となっています。
歯周病は生活習慣病と言われる所以です。

治療できるの?

・基本の治療
まずは原因である歯垢の除去(プラークコントロール)を行います。
ほとんどの場合が自宅でのセルフチェックとなります。
次はスケーリングと呼ばれる、歯や根の表面の歯垢歯石を器械で取り除くことを行います
同時に、歯の表面のざらざらや歯石、毒素や微生物を除去します。
歯周病が進行すると、歯は動いてきます。動いている歯を使うとさらに負担がかかるため、歯を削ったりして咬み合わせを調整します。
これらの治療により歯周ポケットの深さが2~3mmに維持されれば定期検診へ移ります。

・外科的治療
基本の治療で歯周ポケットの深さが改善されなかったり、歯周病の進行が進んでしまった状態の場合には、手術によって歯周ポケットの深さを減少させます。
特殊な方法にて、部分的に失われた骨を再生させる手術が選択される場合もあります。
歯周ポケットが改善すれば、定期検診へ移ります。

予防法は?

歯周病の予防は、歯垢をためない、増やさないことです。
そのために、正しいブラッシングの方法で、毎日歯磨きを歯垢を落とします。
ブラッシングのポイントをご紹介しましょう。
・鏡を見ながらでもいいので、毛先を奥歯、歯と歯の間、歯と歯肉の間に確実に当てる。
・横に動かし、縦にかき出し、円を描くようにしたり、歯を歯肉を傷つけないよう歯垢を落とす。
・力を入れすぎると歯や歯肉を痛めたり、歯ブラシの毛先が開いて歯垢が落とせないので、軽く磨くようにする。
・歯はデコボコしているので、細かく小刻みに動かす。
・歯垢は粘着性が高くなかなか落ちないため、1か所につき10~20回くらい丁寧に磨く。
・できれば毎食後、特に寝る前に時間をかけて磨く。

また、個人の生活習慣が要因となっていることから、食習慣を含めた生活習慣の改善をすることが予防につながる場合もあります。

口臭との関係

口臭が気になる場合、以下の項目に当てはまれば、それは歯周病が原因です。

・歯肉からよく血が出る。
・歯肉がよく腫れる。
・口の中がネバネバしている。
・グラグラした歯がある。
・歯に食べ物がよくはさまる。

口の中の細菌により分解され、発生した物質が悪臭を放っています。

歯周病が引き起こす可能性のある疾患

歯周病菌は、炎症を起こしている歯肉から容易に血管内に侵入することや、それが全身に回ることで、さまざまな疾患や症状を誘発することがわかってきました。
狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病、低体重児の出産および早産、誤嚥性肺炎、骨粗鬆症、関節炎、腎炎、メタボリックシンドロームなどが挙げられます。

これらのことから、歯周病を予防することは、全身疾患を予防することになります。

口腔ケアを自分だけで行うのはとても難しいことです。
生活習慣も含めた口腔内のケアを受けるために、半年に一度は歯科医を受診しましょう。

フラワーエピソード

スポンサーリンク