七草というと人日の節句の1月7日の朝に7種類の野菜が入ったお粥を食べる風習は有名ですよね。では「秋の七草」とは一体なんのことなのでしょうか?

「春の七草」はお粥にして食べ、胃の調子を整えるものなんですが、「秋の七草」は食べるのが目的ではなく主に観賞用だそうです。
では、どんな植物があるのでしょう?

七草の種類

萩(はぎ)・・マメ科の植物(万葉集で良く詠まれる花)
尾花(おばな)・・イネ科の植物。ススキのこと
葛(くず)・・マメ科の植物でつる性の多年草です。
撫子(なでしこ)・・ナデシコ科
女郎花(おみなえし)・・多年生植物、チメグサ、敗醤(はいしょう)とも言う
藤袴(ふじばかま)・・キク科の多年生植物
桔梗(ききょう)・・貴重な絶滅危惧種である

「秋の七草」は花の大きさも小ぶりで、控えめで清楚な雰囲気の花が多いです。
お月見の時には七草の尾花(ススキ)をお供えします。

どうやって覚える?

七草といってもあまり聞き慣れていない植物もあるので、覚え方も大変ですよね・・。
そんな秋の七草を簡単に覚える方法があります。
語呂合わせで・・「おすきなふくは」と覚えましょう。
お・・女郎花(オミナエシ)
す・・ススキ
き・・桔梗(キキョウ)
な・・撫子(ナデシコ)
ふ・・藤袴(フジバカマ)
く・・葛(クズ)
は・・萩(ハギ)

このように語呂で覚える方法や「五・七・五・七・七」のリズムで覚える方法
「ハギ・キキョウ/クズ・フジバカマ/オミナエシ/オバナ・ナデシコ/秋の七草」
と何回か詠ってみると簡単に覚えられるのではないでしょうか。

食べられる?

春の七草はお粥にして食べますよね、では秋の七草はどうやって食べるのでしょうか?そもそも、食べられるの?
ススキは食用には向きませんが、桔梗は韓国では一般的な食材で葛も葛粉などに加工されるので薬用として食べることはできますね。
「萩」は直接食べるというのではなく、「おはぎ」のハギを文字っているだけなのです。
春の七草とは違い秋の七草は主に観賞用なのであまり食べることはお勧めできません。

万葉集に出てくる?

「秋の野に 咲きたる花を 指折り(およびをり)かき数ふれば 七草の花」
「萩の花 尾花葛花 撫子の花 女郎花 また藤袴 あさがおの花」
この歌は山上憶良が万葉集の歌で選定し、今にいたっています。

「春の七草」は長い冬の終わりに無病息災を祈願するものですが、秋の七草は逆に冬に向かう前に咲き誇る花の美しさを愛でるものなのです。

ひげ 抑毛

スポンサーリンク