知られていそうで実は意外と知られていないマナーのひとつ、それは結婚式招待状の返信です。みなさんは友人や会社の同僚、先輩などから招待状をもらった際、返信はがきをどのように書くのが正解かご存知ですか?返信はどれくらいまでにするものなのか?表面、裏面の書き方は?欠席する場合は?これは書いてはいけないというNG事項も色々とあるので、基本マナーをいくつかご紹介したいと思います。

返信はがきはいつまでに送ればいいの?

 招待状の返信はがきにはほとんどの場合期日が設けられています。しかしだからといって、期日ギリギリで良いのかといえばこれは間違いです。新郎新婦は式当日の流れなど、確認することがたくさんあります。その中には席次や料理の数といった、出席者が何人くらいになるのかはっきりとわからないと進められない事柄もあるため、招待状が送られてから2~3日以内には返信したほうが良いでしょう。

欠席の場合は早くに送ると「最初から出席するつもりがない」と捉えられてしまうことがありますので、あまり早くに返信してはいけません。まずは電話で事前に報告をし、その後少し間を開けて改めて返信はがきを出すと相手も嫌な思いをしません。

表面の書き方は?

 表面とはつまり宛名が書いてある面のことを指しますが、こちらもただ送られてきたものをそのまま送ればいいというわけではありません。まず宛名の「~行」または「~宛」を二本線か斜線で消し、隣に「~様」と書きます。二本線や斜線を引く際に定規を使用すると綺麗な線になるので丁寧でなお良いでしょう。横書きの場合は斜線を使わず二本線で消します。

裏面の書き方は?

 
裏面には出欠席の確認と、自分の住所、氏名を記入する場所があります。まず出席の場合ですが、「御出席」の「御」と「御欠席」を二本線または斜線で消し、「出席」を丸で囲みます。この「御」を消すのは「御住所」や「御芳名」も同様で、「御芳名」の場合は「御芳」を消します。そして「出席」の下の余白にお祝いのメッセージを添えてください。

欠席の場合も出席とほぼ同じですが、余白には欠席理由とお祝いの言葉を両方とも書きましょう。またその際、欠席理由に「多忙」や「病気や怪我、突然の不幸」などは書いてはいけません。この場合は特に明記はせず、書くとするならば「所用により」や「かねてからの予定」などとするのが良いでしょう。

夫婦で招待された場合はどうやって書くの?

 最後に、夫婦で招待された場合の書き方について説明します。招待状の宛名に「○○様、御令室様」や「御令夫人様」と書かれていた場合、夫婦での招待という意味になります。夫婦揃って出席の場合は連名となり、各自の署名を書きます。どちらかが欠席する場合は、出席する人の名前だけ署名します。

スポンサーリンク